フェンディのクリスマス「フェンディラマ」鮮烈カラー×FFロゴのバッグ&財布、ニットスニーカーも

フェンディ(FENDI)からクリスマスに向けたカプセルコレクション「フェンディラマ」が登場。


バッグ バイ ザ ウェイ 210,000円+税

「フェンディラマ」は、鮮やかなカラーパレットが特徴のカプセルコレクション。チェリーレッド、イエロー、ブルー、ピンク、ホワイトの5色をベースに、エンボス加工を施したアイコニックな「エフエフ(FF)」ロゴを取り入れている。


ミニウォレット 57,000円+税

展開されるアイテムは、ウェアや、ニットスニーカー「ロココ(Rockoko)」といったシューズ、Fのロゴが印象的な「ラナウェイ(Runaway)」のサングラス、バッグ、小物、アクセサリーなど。


ボディバッグ 143,000円+税

ギフトにぴったりのベルトバッグ、チェーン付きロングウォレット、フラットウォレット、ミニウォレットといったスモールレザーグッズも展開される。

また、アイコンバッグの「バイ ザ ウェイ(By The Way)」や「モン トレゾール(Mon Trésor)」に飾ることができる、「ヘルプバッグ(Help Bag)」やファーポンポンといったバッグチャームも用意。

なお、伊勢丹新宿店では「フェンディラマ」の限定イベントを、2018年12月11日(火)まで開催する。

from https://www.fashion-press.net/news/45327

フェンディよりチェック柄バッグ&限定色の「スペース モンキー」チャーム、松屋銀座で限定販売

フェンディ(FENDI)より松屋銀座店限定のカプセルコレクションが登場。


「ラナウェイ」バッグ 319,000円+税 ※松屋銀座限定

カプセルコレクションでは、透け感のあるチェック柄ドレスや鮮やかな色彩が映える「ラナウェイ(RUNAWAY)」バッグ、フェンディならではのクラフツマンシップが光る繊細なディテールの「コリブリ(Colibrì)」シューズといったアイテムを展開。


「スペースモンキー」チャーム 87,000円+税 ※松屋銀座限定

2018年春夏コレクションのランウェイで注目を集めた、新作チャーム「スペース モンキー(SPACE MONKEY)」の限定カラー、ライトグリーンも発売する。

フェンディ 松屋銀座店では、カプセルコレクションの発売を記念して、3月14日(水)から3月20日(火)までスペシャルイベントを開催。さらに、3月16日(金)・17日(土)の2日間はモデルによるプレゼンテーションと、プロのカメラマンによるフォトセッションも実施する。

from https://www.fashion-press.net/news/38172

フェンディ「ピーカブー」のカスタマイズを銀座&大阪で、世界で1つだけのバッグを100種以上の素材から

フェンディ(FENDI)が、アイコンバッグ「ピーカブー(PEEKABOO)」のメイド・トゥ・オーダー イベントをフェンディ 銀座店で2018年5月12日(木)から16日(水)まで、インターコンチネンタルホテル大阪で5月17日(木)から21日(月)まで開催する。


左から) ウィメンズ ミニ ピーカブー 1,008,000円、935,000円、935000円
※全てオーダー予定価格

「ピーカブー」は、ミニマルなフォルムでありながら、コンパ―トメントやジップポケットなどの高い機能性を兼ね備えたバッグ。今回のメイド・トゥ・オーダー イベントでは、個別アポイント制で自分だけのオリジナル「ピーカブー」を制作することができる。なお、メンズ ピーカブーのメイド・トゥ・オーダー イベントは世界初の開催となる。

ピーカブーの基本フォルムはウィメンズ、メンズともに3パターンを用意。素材はレザー、ミンク、パイソン、オーストリッチなど計100種を優に超えるラインナップから選ぶことができる。※ミンクはウィメンズのみ

また、ウィメンズではレースアップのディテールを施すことができ、レースだけでなくアイレットのカラーもカスタマイズ可能。ハンドル部分やバー部分もカラーや素材を合わせられる。一方メンズでは、フェンディのメンズコレクションで定番ともいえる「BAG BUGS」のアイモチーフを、8つのカラーバリエーションで揃えた。さらに、メンズ・ウィメンズともに仕上げ方法は4パターン用意されている。


奥から) メンズ ピーカブー 8,350,000円 ピーカブー フィット 76,534,000円
ピーカブー フィット ミニ 3,780,000円 ※全てオーダー予定価格

なお、本イベントではイタリアからフェンディ屈指のデザインチームが来日し、色の組み合わせや素材の種類をはじめとするスタイルや技法などを個別アポイント制にてオーダーが可能。細部に至るまで自分のこだわりを詰め込んだ、自分だけの一生もののバッグをこの機会に是非。

from https://www.fashion-press.net/news/39351

「フェンディ マニア」”FENDI/FILA”ロゴを配したメンズ&ウィメンズのバッグやシューズ

フェンディ(FENDI)から、アーティストのヘイ・レイリーがデザインした「FENDI/FILA」ロゴを再解釈した新作カプセルコレクション「フェンディ マニア(FENDI MANIA)」が登場。2018年10月17日(水)より全国で販売される。

フェンディとスポーツウェアが融合

「フェンディ マニア」は、フェンディのラグジュアリーでモードなデザインに、80年代のスポーツウェアの要素を融合したポップでアイコニックなコレクション。さらに、フリンジや星などのディテールで、ウエスタンスタイルの要素も組み合わせ、レトロなアクセントも添えている。

アイテムは、ウィメンズ、メンズ、キッズで展開される。コレクションを印象づけるのは、インスタグラムアーティスト、ヘイ・レイリー(Hey Reilly)のデザインを、フェンディが再解釈した「FENDI/FILA」のオリジナルロゴ。アイテムは、ブルー×レッド×ホワイトと、イエロー×ブラックのカラー、2種類で展開する。

バッグ

ブルーとレッドのストライプに星のモチーフを配したクラシックでスポーティなバックパックには、アイコニックな「FFロゴ」を組み合わせた。クラシカルなブラウンの「FFロゴ」と相まってラグジュアリーな表情もみせてくれる。また、巾着型のバッグには、「FENDI/FILA」のロゴを総柄でプリントし、フリンジでロゴをあしらっている。

そのほか、アイコンバッグ「ピーカブー」用にデザインされた防水カバー「ディフェンダー」や「キャナイ」などもラインナップ。なお、iPhoneケースも大きくロゴをあしらったデザインでの登場だ。

シューズ

シューズも多数登場する。「カットウォーク」は、ウエスタンブーツにインスパイアされたブーツ。エレガントなシルエットに、今回はバイカーのようにスポーティなエッセンスを取り込んだ。メンズから登場する人気のソックス型スニーカーも、アクティブな印象を放っている。

限定イベントを開催

また、本コレクションの新作が揃う限定イベントが、伊勢丹新宿店本館、伊勢丹新宿店メンズ館、阪急うめだにて開催される。イベントでは、「フェンディ マニア」や新作リゾートコレクションのほかに、日本限定トートバッグ、イベント限定のウェア、シューズ、アクセサリーなどが豊富に取り揃う。

キャンペーンムービー

また、本コレクションのキャンペーンムービーでは、カラフルなネオンに照らされた空間の中で、コレクションを身にまとうモデルたちが登場する。ほんのりレトロでありながら、フェンディのラグジュアリーとコレクションを体現するスポーティなムードが融合するムービーに仕上がっている。

from https://www.fashion-press.net/news/43695

フェンディ、“FFロゴ”の新作&日本限定アイテムを集めたイベント「フェンディ キオスク」大阪・東京で

フェンディ(FENDI)は、新作コレクションを一堂に集めた限定イベント「フェンディ キオスク(#FendiKiosk)」を東京・大阪にて開催。イベントの開催を記念して、“FFロゴ”をあしらった「日本限定カプセルコレクション」を販売する。


カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)によって1965年に誕生した“FFロゴ”。「Fun Fur」の頭文字を組み合わせてデザインされたこのロゴは、誕生以来変わらずフェンディのアイコンであり続けてきた。

そして、迎える2018年プレフォールコレクション。1974年にデザインされたアーカイブの正方形「FFロゴ」が進化を遂げた。“F”によって成り立つグラフィックなパターンは、ワードロブのあらゆる箇所に採用されている。その新作を集うのが今回の限定ストアだ。


また、店頭では同じく“FFロゴ”を随所に採用した、日本限定カプセルコレクションを展開。バッグには「ピーカブー(PEEKABOO)」、「バイ ザ ウェイ(BY THE WAY)」、「ラナウェイ(RUNAWAY)」、「モン トレゾール(MON TRESOR)」などアイコニックなモデルを揃える。また、人気の別売りストラップ「ストラップ ユー(STRAP YOU)」をはじめ、i-Phoneカバー、財布、スニーカー、スカーフ、そしてレディ・トゥ・ウェアもラインナップする。

日本限定カプセルコレクションでの“FFロゴ”は、今までになく遊び心たっぷりのデザインで、レオパード柄に見立てた「フェンディ スプラッシュ(FENDI SPLASH)」柄として登場する。また、ホワイトをベースにライトピンクとブラウンの「FFロゴ」を差し色にあしらったフェミニンなカラーパレットも注目だ。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/41060