ディオール“カレイドスコープ(万華鏡)”モチーフのアイコンバッグ「レディ ディオール」デニム地で

ディオール(DIOR)の2019年春夏コレクションより、“カレイドスコープ(万華鏡)”モチーフを纏ったアイコンバッグ「レディ ディオール」が登場。2019年3月より、順次販売される予定だ。


バッグ「レディ ディオール」450,000円+税
ストラップ 115,000円+税

ディオール2019年春夏コレクションで印象的に取り入れられた“カレイドスコープ”モチーフは、コンテンポラリーダンスのパイオニア ロイ・フラーが行ったアヴァンギャルドな視覚効果の実験や、ドレスに光を投影する手法にインスピレーションを得たもの。タイダイ模様で表現した万華鏡モチーフは、まるで増殖する抽象的な花束のように美しい。


PHOTO:MORGAN O’DONOVAN

「レディ ディオール」にはデニム地を採用。アイコンバッグが持つエレガントな佇まいはそのままに、カジュアルな印象をプラスした。さらに、スポーティーな魅力を放つショルダーストラップを添え、より一層軽やかなムードを演出している。

from https://www.fashion-press.net/news/47133

ディオール(DIOR)より、2019年のチャイニーズニューイヤーを祝した“トワル ドゥ ジュイ”のカプセルコレクションが登場。

ディオール(DIOR)より、2019年のチャイニーズニューイヤーを祝した“トワル ドゥ ジュイ”のカプセルコレクションが登場。


レディ ディオール 490,000円+税

創業当時の1947年に構えた最初のブティックの壁を飾った“トワル ドゥ ジュイ”のテキスタイルを、現アーティスティック ディレクターのマリア・グラツィア・ キウリが再解釈。ムッシュ ディオールが愛した“生命の色”である赤と、彼が女性と同じくらい愛し讃えた花々へのオマージュを込め、赤いアジサイの花が描かれている。2019年リゾートコレクションと連動したデザインに仕上げられた。


スニーカー 112,000円+税

展開されるアイテムは、「レディ ディオール」バッグをはじめ、スモールレザーグッズやスニーカーなど。繊細で優雅なテキスタイルに彩られた、春らしく華やかなアイテムを揃える。

from https://www.fashion-press.net/news/46618

ハウス オブ ディオール ギンザ1周年限定、”TOKYO”ロゴ入りトートバッグやスカーフ

ディオール(Dior)から、ハウス オブ ディオール ギンザ オープン1周年を記念した限定アイテムが登場。2018年4月20日(金)に発売される。

ハウス オブ ディオール ギンザ1周年限定アイテム

バッグ「ブック トート」 220,000円+税
バッグ「ブック トート」 220,000円+税

ハウス オブ ディオール ギンザは、2017年4月に世界最大級の店舗として東京・銀座の商業施設ギンザ シックス(GINZA SIX)内にオープン。日本初のホームコレクションや、ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERMÉ PARIS)による料理が提供されるカフェの展開などで話題を呼んだ同店が、ギンザ シックス1周年と共に誕生から1年を迎えることとなる。

“TOKYO”ロゴのバッグやスカーフ

スカーフ「ミッツァ」 23,000円+税
スカーフ「ミッツァ」 23,000円+税

1周年を祝した限定モデルとして展開されるのは、“J’ADIOR TOKYO”のロゴをあしらったTシャツ、2型のセーター、ベージュにネイビーブルーの彩りが美しいシルクツイルの「ミッツァ」スカーフなど。ローカットスニーカーの靴紐、2本セットのブレスレットには”Christian Dior Tokyo”のロゴを施している。さらに、ディオールの2018年春夏コレクションで人気を博しているバッグ「ブック トート」も”TOKYO”バージョンで取り揃える。

ペールピンクの限定ウォッチ

ウォッチ「ディオール グランバル チェリー ブロッサム」 3,547,000円+税
ウォッチ「ディオール グランバル チェリー ブロッサム」 3,547,000円+税

ディオール タイムピーシズからは、ピンクゴールド、マザー オブ パール、ダイヤモンド、ピンクサファイアを使用した限定ウォッチ「ディオール グランバル チェリー ブロッサム」が登場。ダイヤルの前面に配したローターが、花びらを散りばめた扇のように揺れ動き、エレガントな表情を魅せてくれる。

世界先行販売アイテムも

また、ハウス オブ ディオール ギンザ先行販売アイテムも。メゾンのアーカイブから生まれた「ディオール オブリーク」のキャンバス製ジップポーチとトラベルキットが、世界先行発売される。

日本限定ジュエリーも先行発売

ファイン ジュエリー「ウィ」 ピンクゴールド×ダイヤモンド ブレスレット 137,000円+税<日本限定>
ファイン ジュエリー「ウィ」 ピンクゴールド×ダイヤモンド ブレスレット 137,000円+税<日本限定>

さらに、ディオール ファイン ジュエリーの「ウィ(Oui)」コレクションから日本限定で登場するピンクゴールドのブレスレットとネックレスも、他店舗に先行して展開する。

from https://www.fashion-press.net/news/39115

ディオールより、レディースのアイコン「サドル」バッグがメンズでも登場

ディオール(DIOR) サマー 2019 メンズ コレクションより、ウィメンズのアイコニックな「サドル」バッグをモチーフにした新作バッグが登場。

ディオールのアイコンバッグのひとつ「サドル」バッグとは

馬の鞍(サドル)を想わせる滑らかなフォルムが魅力の「サドル」バッグ。その始まりは2000年春夏のプレタポルテ コレクションだ。当時、アーティスティック ディレクターを務めていたジョン・ガリアーノが、乗馬の世界から着想を得て生みだした。その後、ビヨンセ、エル・マクファーソンら世界のセレブリティに愛用され、ディオールを代表するアイテムのひとつとして認知されるように。一度はコレクションから姿を消したが、約20年の時を経て2018年秋冬シーズンで、ウィメンズコレクションにて復活した。

キム・ジョーンズが手掛ける“新「サドル」バッグ”

2018年には、キム・ジョーンズがメンズのアーティスティック ディレクターに就任し、その「サドル」バッグをさらにモダンかつ男性的なアイテムへと再解釈。メンズ コレクションでは、ボディバッグやバックパック、クラッチバッグなど、多くのモデルが登場する。

メンズの「サドル」バッグは、ウィメンズとは異なり、バッグのフォルムそのものに“サドル”のフォルムを落とし込んでいるだけでなく、バッグのフラップ部分やポケットのフォルムなどディテールにも採用している。また、従来の「サドル」バッグにあしらわれていたエレガンスを象徴するフラップ下のDモチーフはなく、レザーストラップを2本配した。

素材は、柔らかなシボのカーフスキンのほか、ラグジュアリーな型押しクロコ、そしてアイコニックなディオール オブリーク柄など。また、KAWSが手掛けたディオールのアイコン“BEE”モチーフを配したタイプも登場している。

from https://www.fashion-press.net/news/45558