2018初夏新作シャネルスーパーコピー財布発売

シャネルから、新作ウォレットコレクションが登場。偽ブランドシャネルの直営店となる名古屋、銀座、神戸店のみで発売中だ。長く愛用できるレザーウォレットは、ギフトとしても喜ばれそう。質感や経年変化が異なる2種類の厳選レザーを用意今回は使い勝手とデザイン性にフォーカスし、定番として長く愛用できる仕様に。長財布とふたつ折財布を2パターンのレザーで展開する計4型をラインナップ。カラーはレッドのみ。

注目は、風合いの異なるレザー2種類を用意したコピーブランドのこだわり。ひとつは、ドイツのワインハイム社のレザー「ワープロラックス」。使うほどにゆっくりと少しだけ光沢が増すという独特なエイジングが楽しめる。

もうひとつは、イタリア・ゾンタ社のカーフレザー。キメ細やかでやわらかな極上カーフは油分をしっかりとふくんでいるので、使い込むうちに美しい光沢感が出るのが特徴。スーパーコピーの長財布は、両サイドにカード入れを6カ所配備しているほか、コインポケット、お札や領収書などが入れられるフリースペースをあしらい、収納力抜群に仕上げた。

ふたつ折財布はコインポケットが外せる仕様になっており、シーンに合わせてアレンジできる便利な構造。どちらも、シルバープレートがアクセントになったシンプルモダンなフォルムが印象的だ。

CHANELシャネルコピー上品のレディース長財布偽物

国内初となるメンズのみのショップを阪急MEN’S TOKYO1階にオープンして話題の「CHANEL(シャネル)」。今回シャネルの革小物ベストセラーの人気モデルのみを取り揃えたクリスマスだけの限定商品が、11月10日(金)から直営店(名古屋1階・銀座三越2階・神戸店メンズ館2階)のみで発売される。フランスでは息子から父へ、クリスマスにはあのひとへ、このラグジュアリーな逸品を
フランスでは、その昔から18歳になったら、息子から父親へ贈りものをする風習がある。これはティーンエイジャーから一人前の大人の男になった息子と父の大切な儀式で、感謝と敬意をこめて、父に贈りものをする。このシャネルコピーブランドのシャネルの財布は、長きにわたってその最高の贈りものとして選ばれてきた。

フランス北西の街 ベルガモの広大なエリアを所有する資産家であり、街に道路や教会を寄付し、多くの事業や福祉にも貢献してきているシャネルの現オーナーであるCarminati FamilyのCarminati氏も、ずっと心に決めていたシャネルの美しい革のコピー財布を父に贈ったという。創始者シャネルの精神を受け継いだ氏は、伝統的なモノづくりの技術をもつ職人たちを全員呼び戻して雇い入れ、若い見習いの職人たちに昔ながらの馬具をつくる技術や、シャネルならではのスタイルや精神を徹底して繰り返し教えつづけた。シャネルのラグジュアリーとは、職人の手によって細部まで丁寧にほどこされたディテールそのもののなかに表現されている。

創始者シャネルが確立した最上のクォリティと革新的なデザインを継承して、一枚一枚特別に鞣(なめ)された最上の革、ステッチに使われる糸、メタル部分の仕上げ、独自の過程を経てつくられた美しい20色以上におよぶオリジナルのカラーバリエーションなど、一切の無駄を排し、そこにある目に見えない精神世界のなかに、真のラグジュアリーは内在する。

今回発売されるクリスマス限定偽コレクション「2016CHANEL Christmas Collection」は、最上のカーフレザーをなめらかでスムースな手触りに、艶やかに仕上げた全6アイテム。

コーラル、フランボワーズ、マジェンダ、バニラ、ライム、ペトロブルー、ターコイズ、エメラルドのカラーバリエーションは、まるでジュエリーボックスを開け放ったような光沢感で、時代を超えた普遍的なスタイルとトレンド、完ぺきなクラフツマンシップがビビッドに伝わってくる。