グッチの新作バッグ – “吠えるキャットヘッド”付き、ダブル構造ショルダーバッグなど

グッチ(GUCCI)18年プレフォールの新作ウィメンズバッグ「ミディアム ダブル ショルダーバッグ」と「ウィッカー スモール バケツ ショルダーバッグ」を紹介。どちらも2018年7月に発売予定だ。

2つの面で魅せる異なる魅力

「ミディアム ダブル ショルダーバッグ」336,960円(税込)
「ミディアム ダブル ショルダーバッグ」336,960円(税込)

「ミディアム ダブル ショルダーバッグ」は、2つのフラップバッグを合わせたようなダブル構造で、それぞれ異なるデザインを採用したショルダーバッグ。レッドで彩られた片面は、アーカイブから復刻したダブルGのエンブレムをあしらったミニマルなデザイン。ゴールドに彩られたエンブレムが、レッドレザーを引き立てると共に、高級感溢れるムードを演出する。

一方、ブラックレザーを使用した反対側は、ゴールドのダブルGストライプを配した華やかな表情。中央に配した”吠えるキャットヘッド”のモチーフの眼には、クリスタルやジェムストーンをあしらってリュクスな輝きをプラスした。なおカラーは、ホワイト×ブラックも展開される。

ディテールにまで拘ったストローバッグ

「ウィッカー スモール バケツ ショルダーバッグ」 398,520円(税込)
「ウィッカー スモール バケツ ショルダーバッグ」 398,520円(税込)

全て天然素材で作られた「ウィッカー スモール バケツ ショルダーバッグ」は、波のように美しい織り模様が魅力のバケツ型ショルダーバッグ。デイリーで使いやすいインナーウォレットには、エレガントなフラワーモチーフを散りばめて女性らしさを演出する。またストラップ&底部は、ダークオレンジレザーで統一。バッグ正面には、メタルのダブルG付きブルーラッカーをアクセントに配すなど、細部のディテールにまで拘りを詰め込んだ。

グッチ銀座がリニューアル、メンズ&ウィメンズのフルラインナップを展開 – 限定バッグ&ウォレットも

グッチ(GUCCI)の銀座フラグシップショップが、2017年7月21日(金)にリニューアルオープンを迎える。

クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレによる新しいショップデザインコンセプトに基づき、既存のショップをフルリノベーション。売場総面積814,6㎡を超える店内では、メンズおよびウィメンズのウェア、シューズ、ハンドバッグ、スモール レザーグッズ、ジュエリー、ウォッチ、アイウェアなどフルラインを展開。これに加え、製品のパーソナライゼーションが出来る「GUCCI DIY」プログラムもスタートする。


<限定アイテム>左)ジップアラウンドウォレット94,000円+税 右)トップハンドルバッグ 410,000円+税

店内は、異なるカラーの大理石を組み合わせた象眼を施すことにより、空間に装飾的な三次元効果を演出。これにベルベットのアームチェアやヴィンテージのオリエンタルラグといった柔らかな印象のインテリアを合わせることで、伝統とモダン、インダストリアルとロマンティックといった要素が融合した、グッチらしい空間を作り上げている。


<限定アイテム>バックパック 226,000円+税

なお、ショップのオープンを記念した限定アイテムとして、人気の「シルヴィ」に可憐な花々の刺繍をあしらったハンドバッグとウォレット、旅にインピレーションを得た「クーリエ」にグッチ銀座オリジナルのパッチを配したラゲージやウォレットが発売される。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/32194

グッチから“オーディオカセットのパッチ”付きバッグ、中目黒ワルツ・グッチ プレイスで先行発売

グッチ(GUCCI)から“オーディオカセットのパッチ”がデザインされた「クッチ クーリエ」コレクションが登場。2018年4月17日(火)から26日(木)まで、東京・中目黒のワルツ(waltz)にて先行販売され、4月27日(金)よりグッチ青山でも展開をスタートする。


414,000円

「クッチ クーリエ」コレクションは、GGパターンを配したクラシカルな下地に色鮮やかなパッチなどをのせて、遊び心あふれるデザインに仕上げた限定コレクション。ユニセックスデザインのバッグやウォレットなど、バリエーション豊富なレザーグッズが展開される。

先行販売を行うワルツ(waltz)は、カセットテープやレコード、VHS、ラジカセ、さらにファッション・デザイン雑誌のバックナンバー、書籍などを取り扱う“アナログを愛する人の聖地”と呼ばれるショップ。また、グッチがブランドと関わりのあるスポットと認めた「グッチ プレイス」に登録されている。


134,000円

今回、ワルツ(waltz)で先行販売される「クッチ クーリエ」には、キラキラと輝く“オーディオカセットのパッチ”と、「グッチ プレイス」の証であるビーモチーフのパッチをセットした。


waltz :Courtesy of Gucci

また、ワルツ(waltz)をはじめ、英国のチャッツワース・ハウス、イタリアのアンジェリカ図書館など、現在世界6か所に設けられた「グッチ プレイス」では、アプリを通じて様々な体験が可能だ。グッチ公式アプリをダウンロードし、登録された「グッチ プレイス」に近づくとプッシュ通知が送信される。到着後アプリでチェックインすると特製バッチがもらえたり、SNSで共有したりして楽しむことができる。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/39077

上品さと機能性を兼ね備えたグッチ コピーミニバッグ

グッチ(GUCCI)からシグネチャーであるバンブーハンドルが特徴的な「バンブーショッパー」のミニバッグが発表し、このグッチ コピーのバッグはミニサイズでありながら、フェミニンな魅力とデイリーに活躍する機能性を兼ね備えたハンドバッグ。

グッチの最もアイコニックなシンボルである「バンブー」は、第2次世界大戦後の物資不足の中、イタリア・フェレンツェにあるグッチの工房で職人達の革新的なアイデアにより、1947年に誕生した。当時、日本から輸入することが出来た竹を使い、グッチ スーパーコピーハンドバッグのハンドルに。滑らかな半円形に曲げ、竹材が持つ美しさを生かした加工をしている。

メゾンの歴史を象徴する「バンブー」は時代と共に進化。ロングウォレットやスマートフォンといった必需品をすっきりと納められる、コンパクトでミニマルなボディは、洗練とモダニティを感じさせる。取り外し可能な付属のショルダーストラップは長さを自由に調節出来るので機能的。内側にマグネット式の留め具がついておりトート型でも安心感がある。

このグッチ スーパーコピーバッグのカラーは、ブラック、カメリアベージュ、ローズベッドレッド、ダークチプリアピンク、ミスティックホワイト、シャンパンゴールドの6色に、オンラインショップ限定のミモザフラワーイエローとアーガイルパープルを加えた全8色という豊富なバリエーションで展開。

日本限定発売のファッション性の高いグッチ バッグ コピー

グッチの歴史は1921年、グッチオ・グッチが故郷イタリアのフィレンツェに戻り、1923年に高級皮革店と馬具工房を創業したブランド「グッチ(GUCCI)」は12月中旬、シルバー・レザーのgucci コピートート・バッグ3種を日本限定発売する。現在、先行予約販売をスタートしている。

丈夫なキャンバス地と、カラフルな色の持ち手が特徴のgucci スーパーコピーのトート・バッグ。サイズが豊富で丈夫で長持ち、そして好みのロゴや色を入れてカスタマイズできることから、普段使いはもちろん、ママバッグや小旅行用としても人気の高いアイテムだ。

今回発売される新商品は、ソフトなストラクチャードシェイプが特徴的なスモールサイズの〔GGマーモント〕 トップハンドルバッグ。隠しマグネット クロージャーと小さなダブルG ハードウェアがあしらわれています。バックのGGが印象的なシェブロン デザインのキルティングレザー製です。

名入れでカスタマイズすれば、ホリデーギフトにもぴったり! 先行予約期間中に本商品を予約・購入すると、キュートなオリジナルタッセル・チャームのプレゼントも。(ミニサイズ以外)日本限定のこのグッチ コピー 激安レアアイテム、完売の可能性もあるのでぜひ早めに予約を。

ファション性に優れた上品なGG柄のグッチ バッグ コピー

グッチ(GUCCI)は日本のためだけにデザインされた新作グッチ コピーの「GGスプリーム」ハンドバッグです。リネン素材でハーバリウム プリントが涼しげな「GGスプリーム」を手に入れて、一足先に秋気分を満喫しては。

このグッチ コピーバッグは上品なPVCコーティングキャンバスボディにレッドカラーのハンドルが印象的なデザイン。しっかりとしたフォルムの外側にはマグネット式のポケットが一つ、ファスナーを開けるとファスナーポケットと小物などの収納に適したマルチポケットが2つついており、デイリーユースにおすすめ!

8月17日より全国gucci スーパーコピーショップにて展開する「GGスプリーム」発売にあわせ、ショップのディスプレイなどもハーバリウム プリントに染まる予定だ。このGWに日本限定「GGスプリーム」を手に入れて、一足先に秋気分を満喫しては。