アンテプリマの新作ワイヤーバッグ – ”七夕”を着想源にウサギや星のモチーフを配して

アンテプリマ( ANTEPRIMA)から、2018年秋冬シーズンの新作ワイヤーバッグ「モティーヴォ(MOTIVO)」と「アニマーレ(ANIMALE)」が登場。

 

スターモチーフの「モティーヴォ」とラビットモチーフの「アニマーレ」は、”七夕”からインスピレーションを受けた。ワイヤーのデコラティブな素材感と相性の良い、ロマンチックなデザインに仕上がっている。特別なお出かけから、カジュアルなシーンまで、幅広く活躍するバッグだ。

 
「モティーヴォ」左)トート型 (W32×H27cm) 69,000円+税、右)クラッチ型 (W21×H14cm) 40,000円+税

「モティーヴォ」は、バッグの中央に大きな星のモチーフをあしらい、ガラスストーンを散りばめた。光を受けるたびキラキラと星が輝き、ラグジュアリーな存在感を放つ。定番のスタンダード/スクエアのラージと同サイズのトートバッグタイプと、クラッチバッグの2型で展開する。

ラビットモチーフの「アニマーレ」は、職人の技術が半立体的に編みあげ、尻尾にはファーをあしらうなど、ディテールまでこだわり抜いている。まるでウサギが月を眺めているような後ろ姿を捉えた愛らしいデザインは、思わずうっとり見入ってしまいそう。

from https://www.fashion-press.net/news/41282

アンテプリマ×ミキモト「パール&バラの花びらモチーフ」を飾ったコラボワイヤーバッグ

アンテプリマ(ANTEPRIMA)とミキモト(MIKIMOTO)がコラボレーションした、「パーレティッツィア」コレクションが登場。3型のバッグが、アンテプリマ銀座店にて2018年12月上旬により発売予定だ。

ブランド設立25周年を迎えたアンテプリマが、世界で初めて真珠の養殖に成功してから125周年を迎えるミキモトとタッグ。コラボレーションコレクションには、英語で真珠を意味する「Pearl」と、イタリア語で幸福を意味する「Letizia」を掛け合わせた造語「パーレティッツィア」と名をつけた。

ラインナップは全3型。いずれのバッグも、99.9%純銀を使ったワイヤーコードを職人がひとつひとつ手作業でハンドニッティングすることで制作された。繊細に輝くワイヤーバッグには、パリのヴァンドーム広場に舞い落ちるバラの花びらからインスピレーションを得た花のモチーフと、ミキモトを代表するアコヤ真珠の装飾を添えて。

丸みを帯びたクラッチバッグは、ミキモトの真珠を贅沢に使用したパールタッセルがポイントだ。ボディ全体にはシルバーのバラの花びらと真珠の装飾が散りばめられ、エレガントな仕上がりだ。また、バラの花びらを模ったクラッチバッグもラインナップ。まるで宝石のような優雅な佇まいでありながら、トップにファスナーが施されているので機能性も抜群だ。

ドロップ型のバッグは、緩やかなラインを描く丸いシルエットに整えた。こちらも真珠とバラの花びらパーツをデコレーションし、輝きをプラスした。

from https://www.fashion-press.net/news/43076