• 金. 4月 12th, 2024

【ブランド】ディーゼル ブラック ゴールド 2014年春夏コレクション – 自然とテクノロジーを対比

ブランド

ディーゼル ブラック ゴールド(DIESEL BLACKGOLD)は2013年6月24日、2014春夏コレクションをイタリアミラノで発表した

 

ファーストルックはライダースジャケットが主役のオールホワイトのコーディネートライダースジャケットは腰回りのベルトが太めで、3つのシルバーの留め具が程よいアクセントにボトムスには太めのシルエットのワークタイプのパンツをロールアップで合わせている

ブランドを象徴するデニムは、筆で草花や昆虫の絵柄を描いたような上品なペイント加工(ジャカードの可能性もあり)が目立つデニム素材のライダースジャケットやタキシードジャケットは、あたりの部分にのみ自然なユーズド加工を施しているケンゾー 偽物デニムで圧巻だったのは、ダメージ加工と生のデニムの切り替えによるテーラードジャケット生デニムを自然の状態、ダメージ加工をテクノロジーによる賜物とするなら、プレスリリースの冒頭に書かれている「自然とテクノロジーの間の静かな戦争」を最も体現するピースと言えるだろう

 

レザーのアイテムも豊富で、ライダースジャケットやテーラードジャケットの他、半袖トップスなど攻めたアイテムもある

ボトムは、ワークディテールのルーズなパンツや、加工の違いで側章を表現したジーンズなどを提案KENZO 偽物ボトムのシルエットは全体的にルーズで、ロールアップして短めではいている

色はブラック&ホワイトが中心で、デニムのブルーとアイスグレーが引き立て役となっているその限られた色味で「素材の自然の状態と、テクノロジーによる日進月歩の加工」を対比させた今回のコレクション柄物のオンパレードのミラノの中では、その奥深いシンプルさが際立って見えた

Text by Kaijiro Masuda(FASHION JOURNALIST)