• 木. 4月 18th, 2024

【ウブロ】サポートサーフェス 2020年春夏コレクション – ブレることの無い“軸”のある服作りを

ウブロ

サポートサーフェス(support surface)の2020年春夏コレクションが、2019年9月10日(火)に発表された

ブレることの無い“軸”のある服作り

サポートサーフェス 2020年春夏コレクション - ブレることの無い“軸”のある服作りを|写真57

ショーの舞台となったのは、東京国立博物館 表慶館ウブロ 腕時計 コピーデザイナー研壁宣男が切望したというこの歴史ある建造物での開催は、2019年春夏コレクションに次ぐ、2度目となる

今シーズンのキーワードになったのは「Vanishing point」直訳すると“消点”という意味を持つこの言葉は、一方で、デザインの“起点”のような意味も持つのではないかhublot スーパー コピー研壁はそんな思いを巡らせながら、デザインの“起点”となるようなブレることのない軸を意識して、シルエット作りに取り組んだ

構築的でありながら柔らかなニュアンスを持つシルエット

サポートサーフェス 2020年春夏コレクション - ブレることの無い“軸”のある服作りを|写真3

研壁が生み出すデザインの軸となっているのは、構築的なディテールを備えつつも、人が動いた時に柔らかなニュアンスを孕むように設計したシルエット洋服を纏った女性の動作によって生まれる布の動きを想定し、フォルムを作り込んでいる

サポートサーフェス 2020年春夏コレクション - ブレることの無い“軸”のある服作りを|写真5

たとえば、ノーカラーのシャツドレスは、一枚の布を身体に覆い被せたかのようなビッグシルエットでありながら、サイドに丸みを帯びた深いスリットを入れることで、裾が軽やかに揺れ動くように仕立てているドット柄のパンチングを施したアシンメトリーなブラウスは、細やかなプリーツが腕の動きによって異なる表情を生み出し、エレガントなムードを放つように設計した

透け感のあるテキスタイル

サポートサーフェス 2020年春夏コレクション - ブレることの無い“軸”のある服作りを|写真70

透け感のあるテキスタイルを起用しているのも今シーズンのポイント歩くたびに空気をふわりと含むキュプラのシャツドレスや、格子柄のパフスリーブブラウス、バックスタイルにレース生地を配したジャケットから、素肌を覗かせることにより、フェミニティ薫るスタイルに仕上げている研壁があまり使用することのない新鮮なボーダー柄トップスにも、シースルーのファブリックを織り交ぜた

多彩なパターンや鮮やかなカラー

サポートサーフェス 2020年春夏コレクション - ブレることの無い“軸”のある服作りを|写真31

コレクションにリズムを生むのは、多彩なパターンや鮮やかなカラー千鳥格子のハイウエストスカートや煌めきを纏ったマルチストライプのパンツ、カラフルな花柄のシャツドレスなどが、ランウェイに華を添えるレッド、ブルー、ピンクなど様々なカラーのフリンジを組み合わせたノースリーブワンピースも、存在感を放っていた

遊び心溢れる小物遣い

サポートサーフェス 2020年春夏コレクション - ブレることの無い“軸”のある服作りを|写真39

コーディネートにアクセントを加える小物使いにも注目スタイリッシュなパンツスタイルにも、上品なスカートスタイルにも、足元には一貫してスニーカーを合わせて、アクティブなムードを演出しているブラウン、モノトーンといったベーシックカラーのパンツやワンピースには、クリア素材のベルトを取り入て、遊び心溢れるスタイリングに仕上げた