• 月. 5月 27th, 2024

【ウブロ】ウブロ クラシックフュージョン ジルコニウム 511.ZX.1170.RX.1104

【ウブロ】ウブロ クラシックフュージョン ジルコニウム 511.ZX.1170.RX.1104

HUBLOTコピー時計2023年最新作コレクション、ブランド品業界最大級通販店舗ウブロスーパーコピーウォッチn級品必ず届く、丁寧な対応、お客様第一!HUBLOT偽物メカニカルウォッチ式時計全て取り揃える希少品もたくさん在庫、ご希望を満足できる安心安全なサイト大人気ウブロ 偽物クオーツ式時計直販店

ウブロ クラシックフュージョン ジルコニウム 511.ZX.1170.RX.1104

ウブロの新しいコンセプト“フュージョン”これはケースパーツを細分化し、それぞれを貴金属やセラミック、カーボンなどの異なる素材で融合するというものこのコンセプトに基づき、ウブロが創業以来大切にしてきたシリーズ「クラシック」をデザインしたモデルが、この「クラシック フュージョン」です今までのクラシックシリーズに比べてケースを大型化薄いケースから来る端正なエレガントさと、ビッグバン譲りの迫力とを両立した新モデルとなっています。こちらは、ベゼルにダイヤモンドをセッティングした豪華な一本。ジルコニウム特有の鈍い金属色との対比が、面白いインパクトを与えています。カテゴリーウブロ クラシックフュージョン(新品)型番511.ZX.1170.RX.1104機械自動巻き材質名ジルコニウム宝石ダイヤモンドタイプメンズ文字盤色ブラック外装特徴シースルーバックケースサイズ45.0mm機能デイト表示付属品内外箱ギャランティーウブロ クラシックフュージョン ジルコニウム 511.ZX.1170.RX.1104ウブロ クラシックフュージョン ジルコニウム 511.ZX.1170.RX.1104ウブロ クラシックフュージョン ジルコニウム 511.ZX.1170.RX.1104

推奨商品住所:スーパー コピー 通販

【ウブロ】ウブロ クラシックフュージョン ジルコニウム 511.ZX.1170.RX.1104

【ウブロ】ウブロ クラシックフュージョン ジルコニウム 511.ZX.1170.RX.1104

ユリウス(JULIUS)は、2018-19年秋冬コレクションを発表

今シーズンは、オルタナティブとサイケデリック、2つの要素を表現病んだ社会に対するアンチテーゼの主張方法として生まれたオルタナティブロックや、イギリスのレイブシーンのように、ノイジーで強いパワーを持ったコレクションだ特に、実験的なエレクトロニックミュージックバンドのThe Future Sound of Londonからインスパイアされている

ユリウス 2018-19年秋冬メンズコレクション - ローテク回線が映すアンチテーゼとノスタルジー|写真1

タイトルは「ISDN」90年代初頭に初めて世界を繋いだデジタル回線を示す今となってはもはやアナログになってしまった技術ををあえて使用することによって、ノスタルジックなムードや反骨精神を現代的に浮き彫りにしていくウブロ キング パワー コピーコレクションの発表形式に画質の粗いビデオを採用したのも示唆的だhublot コピーコレクション映像を手掛けたのは、シャルナオズボーンアレキサンダーマックイーン(Alexander McQueen)や、ヘルムート ラング(HELMUT LANG)、ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)の映像も手掛けた現代アーティストだ

ユリウス 2018-19年秋冬メンズコレクション - ローテク回線が映すアンチテーゼとノスタルジー|写真5

色素が滲み出たようなデジタルカモフラージュ柄は、赤をベースに黄色、黒と鮮烈な色で構成され、視覚に刺激をもたらすワイドパンツの布地の揺らぎに合わせて、さらに複雑な模様を描いていく

ユリウス 2018-19年秋冬メンズコレクション - ローテク回線が映すアンチテーゼとノスタルジー|写真8

同じ柄であってもカーキに変わると、曖昧さは残しつつ陰影や深みがプラスされ、異なる表情にカーキのシャツと合わせたミリタリーテイストのスタイリングや、レザージャケット、ダメージデニムのコートとともに、ストリートの空気感をまとったレイヤードスタイルなど、ごく自然にコーディネートの中に馴染みながら、確かな存在感を放つ

ユリウス 2018-19年秋冬メンズコレクション - ローテク回線が映すアンチテーゼとノスタルジー|写真12

ミニマルなテンガロンハットや無骨なウエスタンブーツ、過剰に長く設定されたフリンジのディテールは全てアメリカを象徴しているストレートな表現ではなく、イギリスのパンク、反骨精神を経由して表された1つ1つの要素は、冷静でありながらも強い主張を続ける落ち着いた雰囲気のムートンコートを羽織るとさらに、硬質な雰囲気が加わっていく

ユリウス 2018-19年秋冬メンズコレクション - ローテク回線が映すアンチテーゼとノスタルジー|写真6

その一方で、どこか懐かしく、親近感を覚える曖昧さや柔らかさを持ったオレンジやイエロー、パープルといった明るい色合いが目に留まる身体を丸ごと包み込むようなオレンジのコートは心に含みを持たせ、過去を回想しているかのようなウォーミングな余韻を残すプレーンなイエローのシャツとレザーのワイドパンツのスタイリングもどこかノスタルジックなのは、既視感のあるイエローが安心感を残すからだろう昔を懐かしむノスタルジーこそが、現代へのアンチテーゼの提起に繋がるのかもしれない