「ストラスベリー」日本初上陸、英国メーガン妃愛用ブランド – 伊勢丹新宿店でレザーバッグを販売

スコットランド・エディンバラ発の高級バッグブランド・ストラスベリー(Strathberry)が日本初上陸。2019年2月より、伊勢丹新宿店にて初の店頭販売をスタートする。

英国王室のメーガン妃愛用ブランドとしても知られるストラスベリーは、ゴールドのバーの留め具が特徴的なレザーアクセサリーブランド。品質へのこだわりを信条としており、アイテムは1つずつ、革加工の技術を熟知したスペインの工房の職人によって仕上げられている。1つのバッグを仕上げるために、最高で20時間をも費やし、高品質なバッグを提供する。

日本初の店頭展開となる伊勢丹新宿店には、定番商品に加え、2019年春夏コレクションの新作アイテムの中から、ミニクレセント、イースト/ウエストミニ、ザ・ストラスベリー・ミディトートを用意。いずれのバッグも、無駄をそぎ落としたすっきりとしたフォルムと、優雅で上品な雰囲気が魅力だ。

from https://www.fashion-press.net/news/46529

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です