Louis Vuittonルイヴィトンスーパーコピー「ノエ」大人気のレディースバッグ

モノグラムは日本の「家紋」に影響を受けて誕生したことも有名です。 バッグ コピールイ・ヴィトンは創業者のルイ・ヴィトンのイニシャル、そして花・星を表すこのモノグラム。実際、ジャポニズムの巻き起こっていたパリではなんと日本の家紋を紹介する本がベストセラーとなっていたという事実もあるのです。加えて「トアル・ダミエ」は日本の市松模様の影響を受けたとも言われています。

昔はなんと職人によってひとつひとつ描かれていたというモノグラム。また、当時遠距離の旅行はもちろんすべて船だったことからルイヴィトンは、完全防水のトランクを開発、万が一の事故に備えたのです。実際、1912年、あのタイタニック号の事故の際、ヴィトン スーパーコピーのトランクにつかまり、命が助かった人もいたと言われています。

さらに、沈没から数十年後、タイタニック号の船室から遺品が引き上げられたとき、ルイ・ヴィトンのトランクの中身は水にぬれず、当時のままの姿で残っていた、という逸話まで残されているのです。 一世を風靡、いまも人気の高いルイヴィトン「ノエ」バックのブランドコピー。現在は町で普通に使われていますが、実はもともと、シャンパンを運ぶために作られたものなのです。

ノエとはシャンパーニュ地方の製造業者がシャンパンを入れるために発注した、いわば巾着袋。ちょうど5本のボトルが入るよう、デザインされているのです。実はルイヴィトンの真髄はこうした製品ラインナップだけではありません。創業以来の「旅をテーマにした」スタイルを受け継いで、ルイ・ヴィトンコピーではいまでも旅する人のために考え抜かれた様々な大人気アイテムを産みだしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です